畑日誌、夏の唐辛子がおかわりできそうな予感

2021年10月16日土曜日

畑日誌

t f B! P L

▽久しぶりの畑作業日。長袖のジャケットを着てきたら暑い。とはいえ日曜くらいからは半袖で過ごせるような日はなくなりそうな気配。そんな陽気なので、草刈りの手間も少しずつなくなってきた。まあ、周縁部は相変わらず放置に近いのだけど、草一つない畑というのも違和感がある。そこに暮らす昆虫もいるのだから上手に共存したいものです。一度収穫した唐辛子を放置していたら、おかわり出来そうなくらい実が育ってきた。こんなものなのかしら。


練馬大根は虫に食われつつ順調に育ってきた。まだ間引きはしていない。


ダイソーで買ってきたそら豆第一弾が無事に芽を出した。種を採るまでが野菜作りです。


こちらは第二弾のそら豆を種蒔き。種類が違うので播種の時期も違うらしい。


ベランダで育てたキャベツを定植したら予想通り虫に食べられていた。どうしたものか。


あまり大きくないネギを今日も収穫。


根っこを残して収穫した後はこのような感じでまた顔を出してくる。やはり土が湿っていたので里芋とサツマイモの収穫は出来なかった。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ