畑日誌、里芋とサツマイモをそろそろ収穫したい

2021年10月6日水曜日

畑日誌

t f B! P L

▽畑に着いたらオクラを収穫して諸々チェックしてまわる。遅めに種を蒔いたインゲン豆は順調に育ってきた。とはいえ、ちゃんと実ができるかは分からない。虫に食われているので犯人を見つけたら〇〇して退治する。


大根も順調だけど、二十日大根はかなり虫にやられて消えかけている。犯人は見つからず。


里芋を収穫したかったのだけど、数日前の雨でまだ土が湿っていたので断念。まだまだ寒くなるには時間があるので問題ないでしょう。むしろまだ早い気すらする。


ニンニクが芽を出した。元々はスーパーで買ってきたものだけど、問題なく何年も育っている。まあ、あまり肥料をあげないので大きくなったりそうじゃなかったりですが。


鶏糞を仕込んでいた畝に種を蒔く。ぼやぼやしていると適切な播種の時期を逃してしまうのでせっせと作業しなくてはいけない。といいつつカブは少し時期を過ぎていた。


蒔き終わったら草を抜いてきて敷く。ちなみにカブと同じ畝に自家採種した人参も蒔いた。コンパニオンプランツ的に効果があるような気がする。大体適当。他の場所でも同じようにしているけど、所々で人参は芽を出していた。


あまり太くなっていないネギを収穫。もちろん根っこの部分は土の中に残した。たまには肥料をあげてもいいかなと思う。基本的に鶏糞は買ってきて少し使うけど、敷地内で刈った草や、集めた落ち葉を堆肥にする程度。もう少し大きく、多く育てたいので勉強したい。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ