Rakuten Miniのケースを買ってみる

2021年9月11日土曜日

Rakutenmini スマートフォン

t f B! P L

▽スマートフォンを楽天モバイルのRakuten Miniに変更してから半年以上経つのだけど、ケースには入れずにそのまま使っていた。この機種はものすごく小さいことが一つのポイントなのだけど、あまりゴツゴツしたケースに入れてしまうとその特徴が失われてしまう。それにそのまま使うことに根拠のないこだわりを持っている。とはいえ、iPhone時代の名残で、確かにそのまま使いたくなるような美しさがiPhoneにはあった。申し訳ないけどRakuten Miniにそこまでの美しさはない。


というわけで、Rakuten Mini専用のケースを買うことにした。よくよく考えると、この前に使っていたスマートフォンは滑った拍子に地面に叩きつけて液晶を割ってしまったので、ケースに入れるのは大事なことかもしれない。買ったのは真っ赤なレザー風ケース。ビンテージを意識しているようで見た目はおしゃれで手触りもいいのだけど、実際は本物のレザーではなくフェイク。


一つ自分の中で葛藤がある。なるべくプラスチック製品は買わないようにしているのだけど、アニマルウェルフェアを考えるとレザーも避けたい。あまり追い求めすぎると何もできないのでほどほどにしているのだけど、今回はプラスチックを選んだ。1番ベストな選択肢は何も買わないことだったかもしれない。


このケースの見た目や質感は悪くはないのだけど、使い勝手がいいかというと微妙。私が使い慣れていないだけかもしれないけど、操作する時のフィット感が今ひとつだし、カメラでの撮影もしにくい。コツがあるのだろうか。


手帳型のスマートフォンケースのメリットはカードやお札を収納できることだけど、Rakuten Miniの場合はあてはまらない。機体自体が小さいのでカード一枚が限界だ。この写真で見える切れ目の部分にも本来はカードが入るのだけど飾りでしかない。通常の画面操作をしている分にはそう不都合はないので、破損防止のために使っていこうと思う。


ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ