新型コロナウイルスではなくCOVID-19と言い続ける人の雑記

2021年8月17日火曜日

COVID-19 武蔵野

t f B! P L

▽雨ばかりな昨今、自動車を所持しておらず、移動は徒歩かスーパーカブなので、畑に足を運べていない。1週間もあけてしまうと収穫を逃してしまうし、草まみれになっているので不安になってくる。晴耕雨読な生活なので、私にはあまり関係のないことだけど、不安なことといえばCOVID-19の感染拡大がまったく収まらないことだ。どうやら緊急事態宣言の延長、地域の追加などが行われるらしい。

【NHK】新型コロナウイルス対策で、政府は、東京や大阪など6都府県に出されている緊急事態宣言について、茨城、栃木、群馬、静岡、京都&

本来なら8月31日で緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も解除される予定だった。8月16日の東京都の新規感染者は2962人で月曜日としては最多となっている。1万人までいってしまうのではないかと心配になるけど、急激な伸びは今の所収まっているように見える。5千人前後で高止まりするのか、少しずつ増えていくのかは分からない。私が住む埼玉も、8月3日以降連日千人を越える新規感染者が出てしまっている。病床使用率も7割近いので、これ以上の感染拡大は医療崩壊を招いてしまうかもしれない。

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月12日まで延長して効果はあるのだろうか。制限を既にかけているのに、かつてのように新規感染者の減少に至らない。変異種であるデルタ株の感染力が高いのかもしれないし、ワクチン接種の遅れ、オリンピックの強制開催に対する反発で政府や自治体の要請を聞かなくなっているというのもある。こんな最中、パラリンピックが無観客で開催されるようだ。必要なことは政府からの説得力のあるメッセージなのだから、パラリンピックの中止を発表することが引き締めに繋がる気がする。菅内閣の支持率が30%を切る中で衆議院選挙に突入して政治はよりよい形になるだろうか。雨はいずれ止むのだろうけど、非日常が止む未来がまだまだ見えない。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ