東京(東村山)への買い物ついでに八国山を散策

2021年8月27日金曜日

八国山

t f B! P L

▽収穫した唐辛子をオリーブオイルに浸けこもうと思って買い出しに。散策も兼ねて八国山を越えて東京を目指す。例のごとく東京といっても東村山だけど、私にとっての東京というのは東村山とか東大和が子供の頃からの定番なのである。栗を見ると季節の移ろいを感じますね。


あと何ヶ月かすると、この緑々とした葉っぱも紅くなり、散っていく。人間というのは木でうところの葉っぱみたいなものなんでしょうね。


そうなると木は人類そのものかしら。いずれその木も倒れ、何者かにその座を明け渡す。永遠に繁栄する者などはないのだ。ところで写真のようにやたらと粉を出す木があるのは何なんでしょう。寿命が近いのかしら。見上げると葉っぱは茶色く枯れていた。


雨が降ったわけでもないのにキノコが顔を出していた。食べたらお腹を壊すことしか想像できない。もしくは死。


八国山の尾根から向こうに見えるのは鳩峯(はとがみね)。この二箇所の谷間が田んぼか畑、林だったら生物多様性にあふれた素晴らしい土地だったのにといつも思うし、これからも思うし、しつこく書く予定。コンパクトシティを目指すならニュータウンは放棄して、住民は駅周辺にまとまって住むのが現実的な気がする。さて、オリーブオイルと容器を買ってきたので唐辛子オイルを仕込もう。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ