入間の茶畑を撮り飯能市立博物館の展示を見て寄り道をする

2021年8月20日金曜日

荒幡富士 雑魚入樹林地 入間 飯能

t f B! P L

▽飯能市立博物館の展示を見たかったので、スーパーカブを走らせた。自宅からちょうど入間市にある狭山茶の主産地を通るのでカメラも持っていく。茶畑はしばらく撮っていない。自宅からは30分ほどだろうか。田んぼや畑のように季節ごとの変化はあまり見られず、大体は緑一色の風景がいつもある。撮る場所は決まっているので数枚で終了。


飯能は所沢から遠い気がしていたけど、まっすぐ行けば1時間もかからないらしく、道路の混み具合もあるのだろうけど川越より近い。今度は天覧山でも登りにこよう。飯能市立博物館で現在開催されているのは「ヒロシマ・ナガサキ原爆資料展」。改めて書きたいような気がするので9月5日まで開催しているのでお勧めだけしておきます。あまりこういう機会はないのでお近くの方は是非見てほしい。

飯能市立博物館


帰りにカインズに寄り道。シャベルが畑からなくなったので、とりあえず小さなシャベルと熊手を購入。大きいのも欲しいけど、カブでどうやって運びましょう?


まだまだ日が暮れないので所沢に戻って雑魚入樹林地、トトロの森1号地を散策。ここも久しぶりな気がする。鳩峯や荒幡富士とは少し趣が異なるので面白い。写真はそのうちまとめてアップします。


ダイナミックな雲が浮いている1日だったので、夕陽も写真映えするかと思い、荒幡富士に登った。雲と夕陽のタイミングがベストマッチとはいかなったけれど、しばらくぼんやり空を眺めていた。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ