空点描、雑記

2021年7月4日日曜日

t f B! P L

▽気付けば6月から7月になっていた。1年の半分が終わってしまったと思うと、焦燥感が湧いてこないでもない。だからといって何かをしようともしないのでどうでもいいことではある。そんな1年という些末なことよりも、これからの人生をどうしていくかを考えなければいけない。それもどこか上の空でふわふわとぼんやり考えるだけ。救いようがないので、ちょうど読んでいた歎異抄の影響を受けて念仏でも唱えてみようかとも考える。ただただ南無阿弥陀仏と念仏を唱えれば、阿弥陀如来の本願他力で浄土に行けるなら幸せだ。とはいえ、信心深くはなれない私には無縁の話だろう。

月が変わったついでに二十四節気を調べてみると、現在は相変わらず「夏至」で、7月7日から「小暑」に移る。一か月後には「立秋」なので夏は終わってしまう。早いものです。梅雨の終わりもそう遠くはなく、沖縄ではもう明けたそうだ。とはいえ天気予報を見ると10日先までは晴れマークが一切ないので梅雨の盛りといえる。

そんな時期なので雨が降るのは当然としても、どうやら降りすぎた地域があるらしい。埼玉も結構降っていたけど、静岡や神奈川では記録的な大雨になった。川の増水、通行止め、公共交通機関の麻痺、停電、避難などが発生し、中でも衝撃的な映像とともに土砂災害も起きている。たまたまツイッターを見ると熱海での土砂流の映像がシェアされていた。複数の住宅が流され死者が発生し、行方不明の方々がまだいるそう。1人でも多くの人の命が救われるのを願いつつ、大雨の恐ろしさを実感する。所沢は大きな山はないとはいえ、丘陵地を造成して整備された住宅地は多い。熱海での土砂流が起きた現場も埋め立てたり山を切り開いたりしていたようなので、安全な場所で暮らせているか再確認したほうがよさそうだ。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ