Rakuten Miniで近所の雑木林を撮ってみる

2021年6月18日金曜日

Rakutenmini WOOVE PROJECT スマートフォン 鳩峯公園

t f B! P L










▽このブログで度々書いているけど、私が使っているスマートフォンは楽天モバイルの「Rakuten Mini」という機種。Miniというだけに非常に小さいスマートフォンなのだけど、カメラ性能を表す一つの指標である画素数は1600万となっている。数字だけ見れば私がメインに使っているデジタル一眼レフカメラやサブのミラーレスカメラと変わらない。とはいえ撮像素子、イメージセンサーの大きさは明らかに違い、Rakuten Miniは数ミリの大きさしかないと思われる。このセンサーの大きさの違いが画質や階調に影響するといわれているけど、画像処理が優秀ならその限りではないらしい。Rakuten Miniもノーマルのカメラだと接写が非常に苦手だったりするのだけど、キラリと光る1枚が撮れることもある。現在はProShotというアプリを使っていて、このアプリが優秀だからかは分からないけれど、一般的なコンパクトデジタルカメラと同じように撮れてしまう。まあ、それも個人的な感想で最近のコンパクトデジタルカメラは進化しているのだろうけど、私としてはポケットに入るカメラとして考えても問題はない。というのを今回あらためて近所の鳩峯公園を撮ってみて思った。画像の修正はしているけどフォトショップなどではなく、ウインドウズパソコンの標準の機能で少し編集した程度。こうなるともっとカメラ性能の優れたスマートフォンが欲しくなるけど、そこは我慢したい。Rakuten Miniでも十分なのだ。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ