人気のペットボトルコーヒーからいろいろと考える

2021年5月31日月曜日

プラスチック 飲み物

t f B! P L

▽コカコーラ社が販売しているペットボトル飲料のCOSTA COFFEEが人気らしい。一時期は出荷停止にまでなったようだ。ペットボトルのコーヒーがそんなに美味しいのだろうか。缶コーヒーやペットボトルのコーヒーは飲んだことがあるけど、正直味の違いが分からない。私の味覚がおかしいのかもしれないけど、砂糖がたっぷり入っていればそれなりに美味しいとは感じるけど、まあ、それだけだ。ブラックコーヒーも自分で抽出したコーヒーとは明らかに違う。COSTA COFFEEはマーケティング戦略が上手だっただけな気がする。

飲んでないのに書いているのはどうかと思うけど、ペットボトル製品は買わないようにしている。COSTA COFFEEが美味しかろうが不味かろうが買わない。最近はペットボトルからペットボトルへの再生も少しずつ進んできているのは好ましい状況ではある。一回使って燃やしてしまうのは資源とエネルギーの無駄でしかない。リサイクルは出来る限りしないといけないけれど、何よりもペットボトルを買わないことが一番だ。コーヒーでいえばボトル缶のコーヒーのほうがまだましだろう。プラスチックよりアルミやスチールのほうがリサイクルのエネルギーは少なくてすむ。

コーヒーに関しては児童労働や生産農家や労働者の貧困問題も存在している。日本もそうだけど、世界中でこれほど愛されている飲み物なら業界としてさぞ儲けているんだと思ってしまうけど、それは一部の人たちだけの話だ。それになぜこれほど安くコーヒーが飲めるかも考えなくていけない。コーヒーが好きな人間には安くて美味しく飲めることはとても有難いことではある。けれど誰かの犠牲があってのことだと考えると、気軽には飲めなくなってしまう。これはコーヒーだけに限ったことではないのだけど、悩ましい問題だ。それでも飲み続けるならフェアトレード製品を買うのが正解だ。ペットボトルにあるのだろうか。

環境のことも考えると身近で生産された食品を選択するのがベストだけど、それだとコーヒーは飲めない。現在人気のCOSTA COFFEEからそこまで考えなくてはいけないのかと言われそうだけど、与えられたものをそのまま受け入れていればいい時代ではなくなってきているのです。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ