武蔵野写真撮影日誌、川越をゆく

2021年5月26日水曜日

川越 田んぼ 武蔵野

t f B! P L

▽しばらく武蔵野の写真を撮りに行ってないことに薄々感づいていたので、天気が晴れなのを確認してスーパーカブで出かけた。晴れとはいえ雲が多いので、ダイナミックな感じで写真が撮れるかもしれない。雲が空を覆ってしまっていては写真は撮りに行かなかった。雲一つない空なら問題はないけど、単調な写真になってしまうと思われる。


とはいえ、川や畑だと大きな変化はないけど、田んぼであるなら水が張られ、田植えが始まっている。冬から春にかけて荒野のようだったけれど、水を貯えるとまるで違った景色が生まれ、そこはもはや湖、もはや海。朝日や夕日の時間に訪れればきっと美しい光景でしょうね。誰が見ても映える写真が撮りたいわけではないので、私には関係のない話。


途中で太陽が隠れてしまって思い通りの写真が撮れなくなってしまったのだけど、やはりこの時期の田んぼは好きだ。所沢には畑しかないので、きっと憧れの気持ちがある。嫉妬ともいえるのかもしれないけど、武蔵野と括っているので私の故郷の風景でもある。強引な気がしないでもない。本日の撮影地は川越。今度は狭山に行こう。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ