林点描、新型コロナウイルス、地元のことなど

2021年4月14日水曜日

新型コロナウイルス 鳩峯公園

t f B! P L

▽天気が崩れるということでカメラを持って近所の鳩峯公園に向かった。天気が悪いとは言いたくはない。畑にとっては恵みの雨だ。所沢というのはあまり雨が降らない地域だし、自分の畑ではあまり水を撒いていない。雑木林の植物にとっても雨は嬉しいでしょうね。


寒々として寂しげだった林の中は、いつの間にか緑で覆われていた。少しずつ変化してきたのだろうけど、一気に華やいだ印象がある。桜に比べると新緑というのは地味なのかもしれないけど、生命力に満ち溢れていて見る側の心まで潤う。雨の雑木林はまた次回か。


話変わって埼玉の話をすると、13日の新型コロナウイルスの新規感染者は156人だった。緊急事態宣言が出された頃と比べると随分落ち着いているけれど、完全に下げ止まっている。関西では爆発的にに増え、東京都も増加傾向にあるので埼玉も今後どうなるか分からない。毎日新聞の報道では「まん延防止等重点措置」の愛知と埼玉への適用の調整に入ったとの報道があった。東京だけが自粛していてもどうしようもないということなのだろうか。

所沢市の状況を見てみると、12日が20人と倍増していて、全体的には微増しているように見える。年代別では20代が約25%と突出していて、お酒でも飲んで騒いでいるのだろうか。時短よりもお酒の提供を抑えたほうがいいと思うのは、先日私も飲みすぎて実感した。反省しているけど、感染して誰かに移してしまっては目も当てられない。

ワクチン接種状況はどうだろう。所沢へは4月19日の週に埼玉県から1000人分のワクチンが届くらしい。高齢者施設から順に、供給量の増える5月以降に65歳以上の高齢者に接種を始めていくとしている。接種会場は70と少しあるようなので、遠くて困るということはなさそうだけど、非常に小さい医院もあるので予約制とはいえ感染に繋がらないか心配だ。アメリカなどでは球場とか競馬場とか広い屋外を接種会場にしているようだ。それにしても、接種開始が遅い。遅すぎる。行政や政府の体制がダメダメなんでしょうね。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ