雨の雑木林をゆく

2021年3月3日水曜日

荒幡富士 撮影記

t f B! P L

▽久しぶりの雨予報。ラジオで2月は記録的に雨量が少なかったという話をしていた。毎年この時期は雨が少ないけど、確かに雨の日は数日くらいしか記憶がない。散歩コースにお寺さんの池があるのだけど、1月2月は完全に干上がっていた。この雨で池の水も増えるだろうと思いつつ、久しぶりの雨なら雑木林で写真を撮りたい。ポケットにボロボロになりつつあるミラーレスカメラを突っ込んで家を出た。


こんな天気の日にデジタルカメラは壊れそうで不安になるけど、10年くらい使い続けているともういつ壊れても未練はない。壊れてしまえば諦めもつくのだけど、エントリーモデルとはいえ意外と丈夫に作られている。なんだかんだ愛すべきカメラだ。

出かける時は雨が降っておらず、それほど強くは降らないだろうという判断の甘さに辟易している。かなりきつめの雨に降られてしまった。風も強く吹いていたので邪魔になるし、そもそも傘が好きではない。レインコートではないけど、水をしっかり防ぐフード付きのジャケットを着ていたので、インナーまでビショビショということにはならなかったけど、カメラのレンズが濡れてしまうとクリアに撮れないので難儀した。散策するには傘はなくてもいいけど、写真を撮るとなるとやはり必要な気がする。


雨の雑木林は落ち着くし、何より美しい。何度も書いているけど、雨の水滴で葉がキラキラし、彩度も増し、人もいないので独占できる。普段とは違う雰囲気というのも雨の日ならではの楽しみ方だ。帰宅するくらいには雨は収まってきていたけど、土砂降りの中の散策も悪くはないですよ。今回の撮影地は荒幡富士で、撮った写真はそのうちまとめてアップします。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ