浦和点描、無事に宝船展終了いたしました

2021年3月29日月曜日

展示

t f B! P L

▽24日から埼玉県立近代美術館で開催していた「宝船展2021@MOMAS」が昨日、無事に終了した。コロナ禍の中、会場まで足を運んで頂いた皆々様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。最終日までに多くの人が来場頂いたので、この企画展も成功と言えるのではないかと思います。埼玉県立近代美術館でのリアル展示だけでなく、ウェブでの展開も積極的にしており、コロナ禍で思うように出来ない部分もカバー出来たかなと。いろいろと考え、動いてくださったスタッフの皆様には感謝の言葉しかありません。

私個人の話として個展は3年ほど開いておらず、展示自体も久しぶりだったので少し戸惑いはあったのだけど、昨年から構想していた展示方法をイメージ通りに実現できたのはプラスになった。この展示をすることで、次に繋げられるようなアイデアを得られたのも大きい。個展のために具体的に動き出そう。やはり作品を展示して見てもらい、話をするのはとても楽しいですね。いつまでも何かを発信できる人間でありたいと思いました。

最終日は雨が降りそうな天気だったので、スーパーカブで会場へは向かわず電車に乗ることにした。ただし、自宅から新秋津駅まで歩き、西浦和駅まで電車に乗り、そこから北浦和にある埼玉県立近代美術館まで歩くという行程。2時間弱歩いただろうか。展示の終わり間際に友人が来てくれたのでそのままサイゼリヤへ。やたらと安いワインをガブガブ飲んで泥酔。最後は体たらくでしたが、全体を通して楽しい時間でした。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ