武蔵野点描、畑日誌

2021年3月27日土曜日

畑日誌 武蔵野

t f B! P L

▽宝船展の会場に自宅の所沢からスーパーカブで行くと、荒川を渡ることになる。浦和所沢バイパスと志木街道の挟まれた河川敷には田んぼが広がっているし、荒川も被写体として良い。ここは今まであまり撮ってきていないけど、武蔵野写真的にも素材になる場所だ。自宅からは少し距離があるので、宝船展の期間中に撮ろうと思っていたのだけど、天気的に微妙で撮らずに終わりそう。今日行ってしまおうかと思ったのだけど、日にちが開いてしまったので畑を優先したい。ついでにホームセンターで買い出しと、中富の畑も撮ることにした。が、ご覧のように曇り空。残念。


ケーヨーデイツーに寄るといろいろ欲しいものがあるのだけど、今回は里芋の種芋を購入。1キロで657円なり。早速植えたのだけど、帰りにスーパーに里芋が並んでいて、種芋を買わなくてもよかったのではないかと少し後悔している。ケーヨーデイツーの半額くらいだった。ニンニクもスーパーで売っているものを植えれば収穫できるのでオススメ。サツマイモも苗は取れるはず。試したことはない。


畑のたんぽぽ。暖かくなってきたので、他の草たちも勢いよく育ってきている。さぼるとあっという間に草だらけになってしまうので気を付けよう。まあ、自然農法を取り入れているので全部抜いてしまおうとは思いませんが。


里芋の他に赤紫蘇とインゲン豆の種まき。少し前に種まきしたほうれん草は芽が出ていた。写真は元気なサヤエンドウ。冬越ししたスナップエンドウは枯れる寸前。スーパーカブで転んで擦りむいた膝がまだ完全に治っていないので座り作業が辛い。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ