久しぶりに展示に参加する「宝船展」が近づいてきた

2021年3月18日木曜日

展示

t f B! P L

▽埼玉県立近代美術館での企画展「宝船展2021@MOMAS」が近づいてきた。といっても、緊急事態宣言は21日で終わるけれど、これがもし延長されたらこの企画展も延期になってしまう。今の所、解除するという報道が出ているけれど、どうなるかは分からない。思えば、去年のこの企画はコロナウイルスの蔓延で中止、今年も緊急事態宣言で延期になっている。私は展示が延期になるくらいの影響しか受けてないけど、世の中に与える影響を考えると恨めしいものだ。

というわけで、展示が近いのでちまちまと準備をしていた。L版の写真をA3の紙にペタペタと貼って、写真に合わせて紙を切る。630枚のL版の写真、A3の紙にして70枚。これを縦2枚×横に35枚、切れ間なく貼り付けていく。写真は近所の雑木林で10年くらいの間に撮ったもので、1月から12月まで順に並べ、自然の1年の移りゆく景色に加え、3年、5年、10年という歳月も同じように循環し、普遍的な存在だということを伝えたい。これをできれば小部屋の中でぐるりと1月と12月を繋げるように展示したっかったのだけど、会場の都合でどうやら無理そう。タイトルは以前、埼玉県立近代美術館で個展をした時と同じ「樹は巡る」で、今回は別バージョンという位置づけ。単純に自然は巡ってますよね、という話。

緊急事態宣言がどうなるか分かりませんが、コロナ対策をした上でぜひお越し下さい。私は木曜と日曜の午後に会場にいる予定です。


「宝船展2021@MOMAS」

3月24日~28日
10:00~17:30(最終日15:00)

観覧無料
埼玉県立近代美術館 一般展示室1

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ