空点描、愛知県知事のリコール運動を考える

2021年2月17日水曜日

政治

t f B! P L

▽愛知県の大村秀章知事へ解職を求めるリコール運動で、高須クリニックの高須克弥院長を代表に約43万5千人分の署名が提出された。応援団に名古屋市の河村たかし市長、作家の百田尚樹氏、評論家の竹田恒泰氏、中部大学の武田邦彦特任教授、大阪府の吉村洋文知事などがいて注目を集めていたけれど、結果的にリコールは成立していない。都道府県知事の場合に必要な署名数は計算方法がややこしいのだけど、愛知県の場合は「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」という名称が示すように100万近く(約87万)の署名が必要だった。実際はその半分くらいの約43万5千人分の署名だったので全然足りないのだけど、無視していい数ではないように思う。

が、広く報道されているように、この署名には不正の疑いが持たれている。愛知県選挙管理委員会の発表では提出された署名のうち、8割超えの約36万2千人分が無効と判断された。刑事告発したわけだけど、これが本当なら10万筆にも満たない署名数だったことになる。これは会の代表である高須克弥氏や、河村たかし市長にも寝耳に水だったようだ。高須克弥代表も告発状を名古屋地検に郵送したそうなので事実解明が待たれる。

「愛知県知事リコールの署名偽造、アルバイト動員か 広告下請け会社が求人 佐賀市で作業」

県警の捜査が進む中、愛知県に本社を置く中日新聞が独自取材の記事を出してきた。記事によると広告関連会社の下請け会社が、人材紹介会社を通じアルバイトを雇って、愛知県民の情報が書かれた名簿を署名簿に書き写させていたらしい。現状では誰が発注したのかは分かっていないし、広告関連会社も人材紹介会社も関与を否定している。8割を超えるような署名のすべてをこのアルバイト達がしたのかは分からないけど、考えさせられることが多い。

私も時々ウェブの署名サイトのアクションに賛同することがある。世界規模のものからローカルなものまで沢山あるけど、基本的に名前とメールアドレスだけなので水増ししようと思えば出来てしまう。愛知県知事のリコールの場合は明確に法律違反だ。今回は偽造が発覚し、そもそも必要署名数をクリアしなかったけれど、もっとうまいことやれば住民投票まで持っていけていたかもしれない。これはモラルハザードをもたらす深刻なことだ。リコール運動への投票は捺印がいるとか身分証明書の提示が必要とか面倒くさいことにならなければいいけど、制度的に不正が出来るなら何らかの対策が必要になってくる。人々の意思が伝わり、無駄にならない制度であることを望みます。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ