ほころぶ、やはりオリンピックは中止でお願いします

2021年2月10日水曜日

オリンピック ほころぶ

t f B! P L

▽オリンピックが揺れている、というのを前にも書いた気がする。そもそも私はオリンピックの開催には反対なので何度もブログに書いてきた。新型コロナウイルスの感染が収まる気配がない中での開催には、否定的な人が多いのではないだろうか。賄賂疑惑、ロゴの盗用疑惑、国立競技場建設のゴタゴタ、膨れ上がる予算と今まで起きてきた問題は数知れない。

そしてオリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言が飛び出した。発言を撤回し、記者会見をするも逆ギレとされ、現在も波紋が広がり続けている。辞任を求める声、ボランティアを辞退する人、抗議も殺到しているらしい。国際オリンピック委員会も謝罪し発言を撤回したのだから問題ないとしたのに、9日になって発言は不適切という声明を発表した。様々な所から同様に不適切だという声が聞かれるけれど、擁護する声も、本人の意向もあり辞任には至っていない。

森喜朗会長の発言は不適切なものだ。それは多くの人が思うことだろうけど、そうでない人も少なからずいる。男女平等というのはオリンピックの最重要項目になっているけど、世界的な課題といっていい。特に日本はもっと意識的に男女平等を目指さなければいけな状況だ。世界経済フォーラムが発表したジェンダー・ギャップ指数2020で日本は153か国中121位という先進国として恥ずかしい順位に甘んじている。G7では当然最下位だし、中国、韓国、インドよりも低い。このような状態では森喜朗会長の発言も当然のように思えてしまう。

不幸中の幸い、というわけでもないのだけど、今回の不適切発言で男女平等な社会ではなく、不平等な考えを持った人間が要職に就き、問題があってもやめさせられない社会であることが可視化された。このような組織体制の中でオリンピックを開催する資格もないのだから、やはり中止にしてはどうでしょうか。

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ