ほころぶ、食べ物と飲み物の話

2020年12月15日火曜日

ほころぶ

t f B! P L

▽私は一時期マクロビオティックを実践していたので、動物性食品を控えていた時期がある。ただ、完全に実行するのはかなり難しい。外で人と外食するとき、動物性食品を避けることに困難が伴う。ベジタリアン向けのメニューを提供する飲食店は増えてきてはいるけど、そう多くはなく限られてくる。あまり気を使っていては楽しむ空気ではなくなってしまうかもしれない。1人で食べるにしてもお店は限られるし、テイクアウトもそうそうないのでかなり難儀した。あまり長続きはしなかったのだけど、部分部分取り入れつつ現在に至る。

「ベジタリアンをやめて分かった「4つの教訓」とは?」

それはいいとして、動物性食品を摂らないことで健康だったかというと正直分からない。不健康そうな実践者もいたので、バランスよく栄養を摂ることはとても難しいように思う。玄米ご飯と数種類の新鮮で旬な野菜、豆腐や厚揚げ、味噌汁なんかで十分な気がするけど正解なのかは分からない。記事のようにベジタリアンかそうじゃないかにこだわりすぎず、肉を食べることが必要だと感じれば食べればいいのではなかろうか。


▽なぜか現在、ミロが人気らしい。まったく味の記憶がないのだけど、子供の頃に飲んだことがあるような気がする。ココアのようなものだろうか。原材料を見てみると、確かにココアが含まれているようだ。メインの原料は大麦麦芽エキスで次に多いのは砂糖、ココア、脱脂粉乳と続く。後は栄養になりそうなカルシウムやビタミン、鉄分が添加されている。ココアのような嗜好品ではなく栄養機能食品なのでサプリやプロテイン的な位置づけなのだろう。牛乳に大さじ2杯のミロを入れるとのことで結構なカロリーになる。成分的にも砂糖が結構入っているし、1日1杯が推奨されているので飲み過ぎには注意が必要だ。

飲むことを否定はしないけれど、ちゃんとした食事をしていればミロを飲む必要はないということだけは言っておきたい。まともな食事がとれないからミロで栄養を補うために売れている、なんてことではないことを祈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ アーカイブ

書いてる人 : 内野知樹

このブログを検索

QooQ